楽天ひかりはおすすめ?3ヶ月使ってみた感想・レビューを紹介

どうも、Yotaです!

今回はタイトルにある通り、光回線の「楽天ひかり」のレビューについて書いていきます!

楽天経済圏の人であれば、楽天ひかりへ切り替えを検討したことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、「通信は安定しているのか?」や「速度はどうなんだろう?」と気になって、なかなか一歩踏み出せないかもしれません。

そこでこの記事は、実際に楽天ひかりに切り替えた僕の経験をもとに、楽天ひかりをレビューします。気になる通信環境、メリットにデメリットを解説。

楽天ひかりに切り替えようか悩んでいる人は、ぜひ最後までご覧ください。

【まずは結論】楽天ひかりの通信環境は問題なし

楽天ひかりを3ヶ月ほど使いましたが、「通信がつながりにくい!」や「速度が遅い!」と感じることはありませんでした。

僕は現在、在宅で仕事をしており、Wi-Fiには常時PCやスマホなど3台以上はつながっている状態です。

ですが、冒頭に書いた通り、通信環境が悪くて仕事にならないといったことは、今のところ起こっておりません。

なので、「楽天ひかりに変えたいけど、通信環境が不安」と思っている人は、その点はご安心いただけるかと思います。

↓↓楽天ひかりの公式サイトはこちらから↓↓

楽天ひかりとは

参照:「楽天ひかり」公式サイト

「楽天ひかり」は、楽天グループが展開する光回線です。

NTTの光回線を利用する「光コラボレーション」でもあります。

そのため、光回線とプロバイダをセットで申し込めるため、別々に契約する手間がありません。

また、「楽天ひかり」はいわゆる楽天経済圏のサービスの1つで、楽天ポイントを貯められるといった特徴があります。

楽天ひかりのメリット・デメリット

ここでは簡単に、楽天ひかりのメリットとデメリットをご紹介します。それぞれ分けて見ていきましょう。

  1. 楽天ひかりのメリット
  2. 楽天ひかりのデメリット

順番に解説します。

楽天ひかりのメリット

楽天ひかりには、主に以下2つのメリットがあります。

  • 楽天ポイント(SPU)が1倍
  • 楽天モバイルと一緒なら1年間無料
    ※2021年9月現在

楽天経済圏の人には、めちゃめちゃおすすめです!

やはり楽天ポイント(SPU)が1倍プラスされるので、ポイントを貯めやすくなります。

また、現在は楽天モバイルとのキャンペーンで、一緒に加入すると楽天ひかりが1年間無料に。

一方で光回線自体のメリットはあまり感じられません。

感じられないと言いますか、過去に使用した光回線と同様に問題なく使えています。

楽天ひかりのデメリット

次に楽天ひかりのデメリットは、主に以下の項目があげられます。

  • ルーターの用意が必要

楽天ひかりを利用するには、別途自分でルーターを購入しなければいけません。

僕が過去に使用していたNURO光は、ルーターも用意してもらえます。

楽天ひかりでは自分で購入する必要があるため、余計な費用がかかるわけです。

ちなみに、僕が楽天ひかり導入時に購入したルーターは下記です。
※公式サイトに記載のあった推奨ルーターの中から、ネットで調べたおすすめで出てきたものです。

楽天ひかりの料金

楽天ひかりの料金も確認しておきましょう。

モバイルと一緒に加入すれば1年間無料ですが、それ以降は通常通り月額利用料が発生します。

楽天ひかりの料金は以下の通りです。

楽天ひかりの月額利用料
マンションプラン(集合住宅) 
3,800円(税込 4,180円)
ファミリープラン(戸建) 4,800円(税込 5,280円)

料金は他社と比較して、高くも安くもありません。

ほぼ相場と同程度の価格帯ですね。

初期登録費&工事費に注意!

楽天モバイルと一緒に加入すると、1年間無料の楽天ひかりですが、初月に請求がありました!

「なんぞや!?」と思って調べたところ、初期登録費と工事費でした。
※ちゃんと読もうや、自分^^;

参考までに、僕のケースでの初期登録費と工事費を記載しますね。

  • Yotaのケース:「回線を利用していない」+「集合住宅(マンション)」+「楽天モバイルの契約あり」
  • 初月の費用:「初期登録費800円(税込 880 円)」+「330円/月×36回」=1,210円
  • 翌月以降の費用:「330円/月×36回」のみ

このように、楽天ひかりは初月以降も工事費が発生します。

完全に無料だと思っていると、いきなり請求がきて驚くかもしれません。

一応、頭に留めておきましょう!

楽天ひかりは楽天経済圏の人におすすめ

ここまでの話をまとめますと、楽天ひかりは「楽天経済圏の人におすすめ」です!

通信環境に特別問題はなく、定価の料金も相場と同じくらいです。

メリットはやはり、楽天モバイルとの加入による1年無料、楽天ポイント(SPU)が1倍になることでしょう。

となれば、やはり楽天経済圏の人におすすめの光回線と言えます。

とにかく速度を優先したいならNURO光

もし楽天経済圏でない人や速度を優先したい人は、NURO光がおすすめです。

下り最大2Gbpsという圧倒的回線の速さ!

僕自身、楽天ひかりの前はNURO光を使っていました。
※ちなみに、僕が勤める会社の人たちも多くがNURO光を使っています。

↓↓NURO光が気になる人はこちらから↓↓

まとめ

ここまで、楽天ひかりを使用感についてお話しました。

興味はあるけど、通信環境が不安定だったり、速度が遅かったりしたらどうしようと不安な人もいるかもしれません。

在宅勤務+副業でほぼ一日中ネットを使用していますが、3ヶ月ほど経った現在まで問題なく利用できています。

言い換えれば、速度など光回線ならではのメリットも特別感じてはいません。

楽天ポイントを多く貯められることが、個人的には一番大きなメリットだと思っています。

以上、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます!

最新情報をチェックしよう!