NURO光はおすすめ?1年半使った感想・レビューを紹介

どうも、Yotaです!

今回は光回線の「NURO光」について、感想およびレビューを紹介していきます。

ちまたで速いと噂のNURO光。本当に速いのか、通信環境は安定しているのか、はたまたデメリットはないのかと、気になっている人もいるでしょう。

僕は現在、楽天ひかりを使っていますが、それ以前はNURO光を約1年半使っていました。

そんな僕の経験をもとに感想・レビューを紹介! 僕が思うメリット・デメリットを解説します。

NURO光を導入しようか悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

【まずは結論】NURO光の通信環境は安定している

結論から言うと、NURO光の通信環境は安定しています。

僕は「会社員の仕事」+「副業」を全て在宅でおこなっているため、ほぼ一日中ネット接続していました。

ですが、NURO光を使っていた約1年半で、「接続が悪い」や「通信環境が不安定」と感じたことは一度もありません。

ちなみに、僕がNURO光を使っていたときの接続デバイスは以下の通りです。

  • 会社用PC
  • 私用PC
  • 私用スマートフォン
  • Amazon Fire TV Stick

上記の4つが常時接続されており、後はゲームするときにPS4がプラスでつながるような状況です。

その上で一日中ネットに接続している状態でしたが、通信環境は安定していました。

速さに関しては、PCゲームなどはやらないので何とも言えません。

ただ、在宅で仕事をする分には、非常に安定した環境で作業できるでしょう。

↓↓NURO光の公式サイトはこちらから↓↓

NURO光とは

引用:「NURO光」公式サイト

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが展開する光回線です。

提供エリアは徐々に拡大中で、現在は以下のエリアにてサービス対応しています。

  • 関東1都6県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県)
  • 東海4県(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)
  • 関西2府3県(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県)
  • 九州2県(福岡県・佐賀県)
  • 中国2県(広島・岡山)
  • 北海道

エリアを見て分かる通り、NURO光は全国には対応していません。

これから少しずつ対応エリアが広がっていくでしょう。

NURO光の料金

続いて、NURO光の料金をご紹介します。

以下の表にまとましたので、ご覧ください。

戸建て向け料金プラン(下り最大2Gbpsのサービス)
プラン名 月額料金 契約期間
NURO 光 G2T 5,200円 3年
NURO 光 G2D 5,700円 2年
NURO 光 G2 7,836円 無し
マンション向け料金プラン(下り最大2Gbpsのサービス)
プラン名 月額料金 契約期間
NURO 光 for マンション M2T 1,760円~ 3年
NURO 光 for マンション M2D 2,200円~ 2年
NURO 光 for マンション M2 2,640円~ 無し
初期費用
基本工事費 44,000円
契約事務手数料 3,300円

※基本工事費は特典により、同額を月額基本料金から割り引きとなるので実質無料 2021年9月29日現在

NURO光にかかる料金は以上の通りです。

自分の住まいで実際にどれくらいの料金がかかるか知りたい人は、公式サイトで確認してみてください!

NURO光のメリット

NURO光の概要がわかったところで、ここではメリットをご紹介します。

NURO光には、主に以下のようなメリットがあります。

  • 通信速度が速い
  • 工事費が実質無料
  • ルーターを無償で借りられる

公式サイトでも大々的に掲げられているように、NURO光の最大のメリットは「通信速度が速い」ことです。

下り最大1Gbpsの光回線が多い中、2Gbpsと他と比べて圧倒的な通信速度を誇ります。

ちなみに、bps(bits per second)の略で、1秒間に転送できるデータ量のこと。

シンプルに、bpsの値が大きいほど通信速度も速いと認識してもらえれば問題ありません。

速度にメリットがある一方、工事費が実質無料であることもNURO光の嬉しいポイントです。

NURO光は初期費用で工事費44,000円がかかります。

しかし、工事費は月額料金から差し引きされる形でキャッシュバック。そのため、実質無料となっているわけです。

また、Wi-Fi通信に必要なルーターも無償で借りられるため、自分で用意する必要がありません。

以上がNURO光の主なメリットです。

NURO光のデメリット

メリットがあれば、やはりデメリットもあるもの。

NURO光の主なデメリットは以下の通りです。

  • 導入までに時間がかかる
  • 対応エリアが少ない
  • 料金は安くない

個人的には「導入までに時間がかかる」が最大のデメリットだと感じています。

通常、光回線の開通は3週間程度と言われています。

しかし、NURO光は屋内と屋外の2回工事が必要で、最長3ヶ月ほどかかることも。

光回線の切り替えならともかく、引越し先で使いたい場合は開通までの期間が長いと困る人も多いでしょう。

また、NURO光はまだ全国対応にはなっていません。それゆえに、お住まいの地域によってはそもそもサービスを受けられないこともあります。

料金に関しては、他のレビュー記事でお手頃価格といった記載があります。

ですが、月額料金だけ見ると、もっと安い光回線はあります。

ですので、正直なところ「料金は決して安くはない」と個人的には思っています。

ただ、安くはない料金だけの通信速度や安定性があることは間違いないでしょう。

僕はPCゲームをしないので、速度は正直わかりません。

ただ、在宅で仕事やPS4でオンラインゲームをしていても、速度が遅いと感じることはなかったです。

ましてや通信が不安定になることもありませんでした。

NURO光がおすすめな人

ここまでの説明を踏まえて、NURO光がおすすめな人は以下の項目に当てはまる人です。

  • 通信速度にこだわりたい人
  • 普段からオンラインゲームをプレイする人
  • 大容量のデータを扱う人

通信速度にこだわりたい人は、言わずもがなでしょう。

また、普段からオンラインゲームをプレイする人にもおすすめと言えます。

通信速度やラグがゲームプレイに影響が出るからです。

その他、大容量データのアップロードや転送をおこなう人にも、強い味方となります。

NURO光の通信速度であれば、大容量のデータも短時間で転送可能だからです。

いずれにしても、通信速度や安定性を気にする人にNURO光はおすすめです!

↓↓NURO光の公式サイトはこちらから↓↓

楽天経済圏の人は楽天ひかりがおすすめ

もし通信速度にそこまでこだわりがなく、もう少し料金を安くしたい人は「楽天ひかり」がおすすめです。

楽天ひかりは、楽天グループが展開する光回線です。僕が今現在、使っている光回線でもあります。

楽天ひかりには、以下のメリットがあります。

  • 楽天ポイント(SPU)が1倍
  • 楽天モバイルと一緒なら1年間無料
    ※2021年9月現在

つまり、楽天経済圏の人であれば、より楽天ポイントを貯められるわけです。

そうでなくとも、楽天モバイルと一緒なら1年間無料で利用できます。

↓↓楽天ひかりの公式サイトはこちらから↓↓

また、楽天ひかりのレビューについては、下記の記事で紹介しています。あわせてご覧ください。

まとめ

ここまで、NURO光を利用した感想・レビューを紹介してきました。

約1年半ほど利用してきましたが、通信環境は非常に安定していた印象です。

在宅での仕事やPS4でオンラインゲームをしましたが、不安定だと感じたことは一度もありませんでした。

他の方のレビューを見ても速度や安定性は間違いないので、日頃から大容量データを転送する人やオンラインゲームをする人におすすめの回線です。

以上、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます!

最新情報をチェックしよう!