Money

家計簿公開!30歳男性「会社員+副業ライター」|支出と来月予算を細かく紹介【2021年10月】

2021年11月10日

どうも、Yotaです!

今回は、30歳「会社員+副業」男性の【2021年10月】の家計簿を公開します!

先月から始めた本シリーズですが、今回で2回目となります。

前回は収入も細かく公開していました。

ただ、収入公開はいろいろとデメリットもあると思いましたので、今回からは支出面のみに焦点を当ててお話します

その代わり、家計簿に関わる個人的なトピックを新たに加えました。

お金に関わるどのようなトピックがあったのか、暇つぶしに楽しんでいただけたら幸いです。

この記事はこんな方におすすめ

  • 人がどのように支出管理をしているか知りたい
  • 30歳会社員のリアルな家計簿を見てみたい
  • 予算管理の参考情報が欲しい

前回の記事は下記よりどうぞ!

【2021年10月】予算と支出

2021年10月の予算と、実際の支出を以下の表にまとめました。

端数は切っているので、若干のずれがあります。

予算との差分も算出していますので、ご覧ください!

項目 2021年10月の予算 2021年10月の支出 予算との差分
食費 18,000円 20,248円 2248円
交際費 4,000円 4,220円 220円
娯楽費 5,000円 7,715円 2,715円
日用品費 3,000円 8,817円 5,817円
美容・衣服費 15,000円 7.062円 7938円
交通費 1,500円 4,000円 2,500円
特別な支出費 1,800円 5,143円 3,343円
変動費合計 48,300円 57,205円  8,905円
家賃 76,000円 76,000円 ±0
水道光熱費 14,000円 11,235円 2,765円
通信費 6,400円 2,033円 4,367円

投資・教養費

30,000円 27,218円 2,782円
健康・医療費 10,000円 13,376円 3,376円
寄付 1,000円 1,000円 ±0
固定費合計 137,400円 130,862  6,538円
全体合計 185,700円 188,067円  2,367円

ご覧の通り、予算に対して支出が上回ってしまいました。

約2,400円ほどの超過ですが、各項目ごとに反省点が盛り沢山です。

各項目の振り返りは、変動費と固定費に分けて見ていきます。

変動費の振り返り

変動費の項目ごとに、振り返りコメントを書いていきます。

変動費の振り返り

  • 食費:朝マック食べすぎた!クーポン使うと350円の安さでついつい…。反省しています。
  • 交際費:友人の誕生日があって、プレゼント代が発生しました、その分で少し足を出た形ですね。
  • 娯楽費:お菓子食べすぎました…。朝マックといい、衝動が抑えきれませんでした!
  • 日用品費:浄水器のカートリッジ代がかさみました。3ヶ月に1度送られてくることを忘れていましたね。
  • 美容・衣服費:当初買おうと思っていた高めの洗顔料を止めたので、プラスで着地しました。
  • 交通費:交通費が想定以上の出費!遠い場所の歯医者に行く予定を忘れていて、予算組みを失敗したのが原因です。。
  • 特別な支出費:突発的な支出の項目です。プレイステーションネットワーク代です。はい。

食関連で、余計な出費をかけすぎました…。大変反省しております。

中でも、お菓子の食べ過ぎが良くない

美味しいんですけど、満足感は一瞬です。正直に言って、あまりコスパは良くないです。

一方で予算設定が低すぎるとの見方もできるので、今回の支出をもとに11月の予算を修正していきます。

固定費の振り返り

続いて固定費の各項目ごとの振り返りです!

固定費の振り返り

  • 家賃:家賃は一定なので、変動なしです!
  • 水道光熱費:今月は水道費の支払いはありませんでしたが、前月の半額を加算しています。
  • 通信費:楽天ひかりがキャンペーン期間のおかげで、安く済んでいます。予算は定価に戻ったときの金額で組みました。
  • 投資・教養費:オンライン英会話・書籍・積み立てNISAが含まれます。書籍代をコントロールして抑えた次第です。
  • 健康・医療費:歯医者で虫歯治療やクリーニングを実施した影響で、想像以上の出費が…。おかげで綺麗になりました。
  • 寄付:毎月1,000円だけ寄付しています。こちらも一定なので、変動なしです。

通信費など固定費の余剰分に甘えて、変動費の管理が緩くなりましたね。反省。

医療費が前月よりも多く発生したのも手痛いポイントの1つでした。

虫歯治療の後、歯や歯茎の中のクリーニングもおこなったので、ひと月で4回くらいは通ったと思います。

ただ、11月以降は月に1回で済む予定なので、歯医者代は予算が組みやすくなりそうです。

【2021年10月】個人的な家計簿トピック

支出を振り返ったところで、ここからは10月の個人的なトピックをお話していきます。

家計簿に関わるところで、影響したことをピックアップしました。

トピックは以下の3つです。

  • お菓子が止められない
  • 自炊できない日もある
  • ジムとオンライン英会話を辞めた

それぞれ見ていきましょう!

お菓子が止められない

10月の最大のトピックであり、反省点です。

お菓子代は娯楽費に入れているのですが、ちょーっとお菓子にお金をかけすぎた感がありますね。

ポテチやチョコレートなどのお菓子を度々買ってしまいました。

一回あたりの金額は300円もかかっていなかったと思いますが、塵も積もれば山となります。

気がつけば、あっという間に娯楽費を圧迫していたわけです。

しかも、お菓子は食べ始めが満足度のピークで、食べ終わった後は後悔することが多いんですよね…。

これならお菓子を食べずに、月に一度焼き肉とかに行くほうが良いなと思いました。

10月の反省を踏まえて、11月は1ヶ月間お菓子禁止チャレンジを実施しています!

自炊できない日もある

食費絡みのトピックでは、「自炊できない日もある」ことです。

僕は基本的に自炊しているのですが、仕事の具合によっては作れないときもあります。

単純に時間がなかったり、疲れて作る気力がなかったりと。

自炊できない日は外食だけはかろうじて避け、オリジン弁当で惣菜だけ買います。

そして、玄米を炊いて一緒に食べるのですが、この惣菜代が案外馬鹿になりません

唐揚げとサラダを買うと、おおよそ500円ほどになります。

しかしお菓子と同く、ちりつもで出費はかさみます。

食費関連は、惣菜代がけっこう圧迫したなぁと感じた月でした。

11月以降は忙しさも加味しつつ、日によっていつも以上に手軽に自炊できる環境を整えていきます

ジムとオンライン英会話を辞めた

コストカットのトピックとしては、「ジムとオンライン英会話」を辞めたことです。

別件でお金が急きょ入用になるできことがあり、支出を見直しました。

そして、悩んだ末にジムとオンライン英会話を辞めることにしたわけです。

ジムは行かずとも家でも筋トレできますし、オンライン英会話は必ずしも必要なことではなかったからです。

また、月2万円ずつの積み立てNISAも、3,000円まで減額しました。

今回の一件はきっかけに過ぎませんが、まずは生活防衛資金を貯めるべきだなと思えました。

自分の中の目標額を貯めた後に、あらためてオンライン英会話に入会し、積み立てNISAの金額も戻す予定です。

筋トレは自宅でも上手くできているので、再入会するつもりはありません。

【2021年11月】来月の予算

最後に、11月の予算を紹介します!

以下の表にまとめていますので、ご覧ください。

項目 2021年10月の予算
食費 18,000円
交際費 3,000円
娯楽費 6,000円
日用品費 3,000円
美容・衣服費 9,300円
交通費 2,000円
特別な支出費 3,000円
変動費合計 44,300円
家賃 76,000円
水道光熱費 14,000円
通信費 6,000円
投資・教養費 30,000円
健康・医療費 10,000円
寄付 1,000円
固定費合計 113,400円
全体合計 157,700円

10月の結果を踏まえて、娯楽費や美容・衣服費の金額を調整しています。

健康・医療費はジム代が11月分までかかるため、12月以降の予算はもう少し下がります。

お菓子禁止チャレンジも始めているので、食費はきっと今月よりも抑えられるはず!

いや、抑えてみせます! 乞うご期待!

まとめ

ここまで、僕の2021年10月の支出をご紹介しました。

娯楽費内のお菓子代含め、10月は食関連で費用がかさんだ月でしたね。

その他、交通費の予算外の出費や浄水器のカートリッジ代といった予測できたはずの出費もあります。

引き続き前月の結果をもとに修正し、よりベストな予算組みを目指していきます!

来月もまた家計簿を公開しますので、お楽しみください。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます!

  • この記事を書いた人

Yota-ヨータ-

本業は、IT企業で営業っぽいことをやっています。2020年1月より副業ライターを開始。2020年6月より当ブログを開設し、現在はブログ執筆を中心として活動しています。副業や投資など個人の経験談をメインに、気まぐれに書いていきます。

-Money